top of page

2023年2月号 神奈川県当事者目線の障害福祉推進条例~ともに生きる社会を目指して~

県議会は、令和 4 年第 3 回県議会定例会において、「神奈川県当事者目線の障害福祉推進条例~ともに生き る社会を目指して~」を制定し、令和 5 年 4 月から施行されます。

 平成 28 年 7 月 26 日、障害者支援施設「県立津久井やまゆり園」において、大変痛ましい事件が発生しました。 県では、このような事件が二度と繰り返されないよう、「ともに生きる社会かながわ憲章」を策定し、普及宣 伝の取り組みを進めてきました。

 この憲章を実効性のあるものにするため、全ての 人が障がい者に対して偏見を持たず、社会・経済・ 文化などの活動に参加できるような機会をつくるなど、当事者目線に立った支援が必要です。

 私たち県民は、6つの基本理念を実行し、障がい者本人の気持ちになって寄り添い、本人が地域で生き生きと活 動できるような共生社会を実現しましょう。


≪基本理念≫

1.個人として尊重されること

2.障がい者が自己決定できるようにすること

3.障がい者が、希望する場所で、自分らしく暮らせること

4.障がい者の可能性を大切にすること

5.障がい者だけでなく、周りの人たちも喜びを感じられること

6.全ての県民で地域共生社会を実現すること

 全文は以下のPDFからご覧ください。

情報局 2023 2
.pdf
ダウンロード:PDF • 4.26MB

閲覧数:24回

Σχόλια


bottom of page