top of page

市川さとし一般質問『神奈川の“未来”“安全安心の確保”に向けた取組』

 

市川さとしは、6月23日、県議会第2回定例会で、立憲民主党・民権クラブ議員団を代表して、県政の諸課題について質問しました。

 まず、神奈川の未来に向けた取組について、「水素社会実現に向けた取組」、「県立都市公園における公民連携の推進」、「先進的な技術を活用した防災体制のさらなる強化」の3項目を挙げ、要望と提言を交えて質問しました。

 次に、神奈川の安全安心の確保に向けた取組では、「新型コロナウイルス感染症における自宅療養者への支援」、「大岡川水系の水辺利用」、「土砂災害対策」、「鳥獣被害対策の担い手育成と県民への理解促進」を取り上げました。自宅療養者用配食サービスの充実、掘割川いそご桟橋の秩序ある水面利用及び適切な管理運営等、黒岩知事及び県土整備局長に要望しました。

 住みよい神奈川県、安全・安心な磯子区の実現に向け、全力で取り組んで参ります。

閲覧数:8回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page